肉体と霊魂の法則

今週のメッセージ
今週のメッセージ

肉体と霊魂の法則

今週のメッセージは、肉体と霊魂の法則」です。

私たちは肉体を使って生きる霊魂です。
ここでは分かりやすく要約して魂と言います。
目に見える体は肉体ですが、私たちの存在、つまり生命の源は魂です。
魂が肉体から離れると、たちまち肉体はただの物体となりわずか数日で朽ち始めます。
肉体自体に生命力は無いという何よりの証拠です。
その代わり、肉体から離れた魂は益々生命力に溢れていきます。まるで鎧を脱いだ後のように、身も心も軽くなるのです。

さて、今日はこの肉体と魂の法則を発信するのですが、そこに「休息」というキーワードが加わりました。

という事は、ちゃんと質の良い休息をとれている人が少ないのかもしれません。
詳しく説明していきましょう。

休息と言えば、イコール何もしない。休止というイメージを持つ人が多いかもしれません。
肉体だけの休息であればそれで十分です。
しかし、肉体は魂と一体であり、双方が影響を与え合う法則に成り立っています。
つまり、肉体だけ物理的に休ませてもそれでは半分であり、魂の休息には役立ちません。
例えば、体を動かさず何もせず過ごしたとしても、頭の中でアレコレと悩み事で忙しくては逆に魂が疲弊します。
それならば体を動かして気を紛らわせた方が魂の為には休息になります。

お分かりでしょうか。
双方にとって居心地の良い状態を作る事が、本当の休息になるという事です。
一方だけの休息では、50%という事ですね。

一見難しい事のように思いますが単純に考えて下さい。
午前中は魂の為に時間を使い、午後は肉体の為に時間を使う。それでいいのです。
肉体も休まり、同時に魂もワクワクする事があれば最高ですね。

魂の為の時間とは、あなたが心から楽しいと思う事、ワクワクする事をするという事です。
魂は常にアクティブです。魂が休止を求める事はありません。
大切なのは、自分は肉体と魂の二つの要素で成り立っているという意識を持ち、どちらも気に掛けてあげる事です。

もう一つの法則です。

この肉体と魂の法則には優位性があります。
常に、魂が肉体を支配する関係です。
肉体も魂に影響を与えていますが、絶対優位にはなりません。
ですので、どちらを優先すればいいのかと言えば魂の健康です。
魂が元気になれば肉体も元気になります。
そういう力関係があるのです。
まあ、当然と言えば当然ですね。
生命力は魂にあり、肉体そのものに生命力はないのですから。

あの体の弱かったイエスさんも肉体の休息はほとんど取りませんでした。
時間さえあれば、魂が喜ぶ事に没頭し、疲れた体にではなく魂に安息の時間を与えました。

このメッセージを書きながら気が付きましたが、考えてみれば私も一年中動いています。
よく「すごい体力だよね」とか言われますが、この法則を考えれば不思議ではありませんね。
自分が本当にやりたい事をやっているので、ずっとフル活動していても不思議と疲労感はないです。
肉体の疲労は感じても、いつも魂がワクワクしてるか、何かの使命感に燃えているのでいつの間にか肉体が浄化されていくのでしょう。
もちろんそれでも肉体に疲労がたまって来たなぁって時は、ゆっくり温泉に入って、美味しいお酒を飲んで、、、それで、、、やっぱり導信の何かやってるなぁ( 一一)…

さて、今週のメッセージは参考になりましたでしょうか。
魂と肉体双方の為に今週末の計画など立ててみてはいかがでしょう。

もうすぐです!
講話会
2月23日(水)祝日/13:30~

次回の講話会は、
霊的真理初心者の方からベテランまで幅広く学べる内容となっています。
『これから、大転換期の本流に突入します!日常生活で‘‘今すぐに‘‘開始するべき準備とは?!』
を徹底解説します。

関連記事一覧