今週の7日間で世界が変わる可能性があります

今週のメッセージ

今週のメッセージは、霊的真理ではありません。
私からの警告です。

今世紀最悪の悪の枢軸と言える「ヒーローの仮面をかぶった極悪人≪a≫」は本当に最悪です。
一刻も早くどうにかなって欲しいが世界中の人々は仮面も素顔もまったく見分けがついていない。それほど真実を見抜く目が曇ってしまっているのか…
それがさらに最悪の事態を招いている。

警告とは、その国の話です。

私たち日本人も、というか、日本人こそ十分に警戒しておかなければならない事態です。
この7日間のうちのどこかで核が使われる危険があります。
もし核でなければ、同様に殺傷能力の高い非難されるべき卑劣な爆弾かもしれません。
いずれにしても汚い爆弾が使用された場合、世界第三次大戦が始まる危険があります。
今週でその行方が決まる可能性が高い事を警告しておきます。
実質的にはもう始まっていると言っていいのですが、現在は情報戦の中ですので古典的な殺し合いになるまでは多くの人が危機感を持っていません。

今の希望は唯一、誰もが「悪人と非難する人物≪b≫」だけです。
彼の忍耐力と冷静な判断を祈るばかりです。
それをどんな手を使ってでも壊そうと2008年以降、次から次に卑劣な攻撃を仕掛けて来たのが歴史上の事実です。
「悪人と非難する人物≪b≫」は何度も忍耐力を試されて来ました。
この戦争も大きな壁を超えないように最小限のところで踏みとどまりながら「対応」しているからこそ、まだこれで済んでいるのです。
今この限界を超えさせようと企んでいます。それが今日の警告内容です。

この≪a≫≪b≫の陰で動くのが「黒幕である大国≪c≫」です。
もっと言えば(これが本当の真相ですが)、この大国≪c≫を表向きの顔にして実質的に動かしている支配者は少数の「新自由主義・グローバリズム集団≪d≫」です。

これが今の実態です。
テレビで毎日流されている「二つの国同士」の戦争じゃない事ははっきりと断言しておきます。

ここまで言えば、誰が、どこで、誰に、使うのか、分かるでしょう。
講話会やオフ会に参加している方はもうお分かりですね。未来を読めるようになっているはずです。
何らかの想定外が起き、この危険が回避される事を願っていますが、この警告の可能性は決して低くありません。それがゆえにここまで言及した警告をブログで出す事にしたのです。
会員以外の方でも、分かる方だけにでも警告出来れば何らかの役に立てるのではと思っております。

今はまだ日本に直接的な被害は出ないでしょうが、そのあとの二次的三次的な日本への影響は甚大です。

今私たちに出来ることはこの計画が失敗するように祈る事だけです。でもまったく無駄という事はありません。

この一週間、私と一緒に毎日祈りましょう。
思い出した時、いつでも、何度でも祈りましょう。

「≪a≫、≪c≫、≪d≫の間に何らかの支障が生まれ、計画が失敗に終わりますように」

「≪b≫の忍耐力と理性が持ちこたえられますように」

※祈る時には隠語を明確な言葉に変えて下さい。明確に言わなければ言霊が生まれません。

(隠語についてのご質問は受けませんのでご了承下さい)

次回のVOICEアップ時には何らかの結果が出ている可能性があります。
その状況に合わせてまたお話ししますが、とにかく今は闇の計画が失敗に終わる事を祈るばかりです。

関連記事一覧